写真

都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅そばに
よつば整骨院がOPENしました!!

患者様とのご縁を大切にし、 治療を通じて一生付き合っていきたい!
そう思って頂ける、治療院づくりを目指しています!

肩の痛み

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

腕を上げたり、背中に回すなど、一定の方向に肩関節を動かすと痛みが起こります。

痛みをおそれて動かさずにいると、しだいに肩関節を動かせる範囲(可動域)が狭くなり、衣服の着脱など日常生活にも支障が出てきます。

夜中に肩の痛みで目が覚めて、安眠できないことがあります。

ひどくなると関節に拘縮(関節を動かせる範囲が狭くなる状態)が起こり、腕の動きが制限されるようになります。

40〜50歳代で発症しやすいことから四十肩、五十肩とも呼ばれます。

同じような症状が現れる病気に、上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎もあります。上腕(力こぶをつくる筋肉)に炎症が起こるもので、これは30歳前後に発症し、40〜50歳代で拘縮を起こすことがあります。


肩腱板断裂・腱板損傷

腕を上げようとすると、痛みが走ります。

また、腕を動かすと、肩関節周辺に雑音を感じます。

上腕骨頭をおおっている肩腱板が、外傷や加齢、あるいはその上にある肩峰という骨と衝突することによって変性し、断裂を起こすものです。

中高年に多くみられます。

損傷の程度によって、完全断裂と不完全断裂に分かれます。


インピンジメント症候群

肩を動かすと痛み、ゴリゴリという雑音や肩がひっかかる感じがあります。

とくに、腕を肩より高く上げて外側に開いたとき、痛みが増幅します。

夜間、寝ているときに痛みが起こるのも特徴です。

スポーツや肉体労働で長年上腕を酷使してきた人に多くみられます。

上腕骨の上には、腱板と滑液包(少量の滑液を含む袋状の組織)があり、肩の関節の動きを滑らかにする役目を果たしています。

それらが肩峰の下で上腕骨頭に挟まれる現象を総称してインピンジメント症候群といいます。

インピンジメントとは衝突の意味で、腱板や滑液包が刺激を繰り返し受けることで炎症や小規模の腱板断裂が生じ、痛みを引き起こします。


石灰沈着性腱板炎・滑液包炎

なんの前触れもなく、突然肩に激痛が走り、肩や腕を動かすことができなくなります。

40〜50歳代の女性に多い症状です。

肩の腱板に石灰(リン酸カルシウム結晶)が沈着して、肩峰の下の滑液包に炎症が起こったものです。

激痛と腕の運動制限が、急激に起こるのが特徴です。

よつば整骨院のおすすめ治療



kotubann

kotubann



よつば整骨院

〒102-0074

東京都千代田区九段南4-6-13

Tel/Fax 03-3511-2880

診療時間

月曜日~金曜日

8:30~12:45/15:00~19:30

土曜日

9:00~11:45/14:00~16:45

※休診日  日曜日・祝祭日

※当院はバリアフリーになっております。

車椅子、ベビーカーの方もお気軽にどうぞ。